お口の健康を保つための情報サイト

あなたのお口は大丈夫?虫歯を段階別に紹介!

虫歯の進行について

虫歯の進行段階を知りましょう

虫歯の進行段階は以下となります。
脱灰:C0
表面に濁りが見られますが自覚症状はありません
エナメル質の虫歯:C1
表面が黒くなりますが、痛みを感じることはありません。
象牙質の虫歯:C2
上記よりも進行した状態。物を食べたときにしみるようになってきて、痛みもあります。
神経に達した虫歯:C3
なにもしなくても、強い痛みを感じます。この段階になると、処置をするためにはまずは神経を取り除かねばなりません。神経を抜いてから、被せ物をします。
歯根に達した虫歯:C4
神経が死んで、歯根まで虫歯が進んだ状態を指します。この状態になると、まずは抜歯をしなければならず、その後インプラント治療やブリッジ、入れ歯治療などの必要があります。

自覚症状による虫歯の進行度合い

初期は、表面が少し白くなることがある程度で、痛みは感じません。歯磨きやフッ素で進行を止めることもできるレベルです。
表面に、黒い部分ができ、冷たいものがしみますが痛みは感じません。該当部分を削って、詰め物をする治療が必要となります。
冷たいものに加えて甘いものもしみるようになり、痛みも感じます。こちらも同様に該当部分を削って詰める治療を要します。
常に鋭い痛みを感じる状態となり、我慢できないひどい痛みが継続します。神経を抜く必要があります。
歯の多くの部分が溶けてくると、神経もダメになるので痛みを感じない時期がありますが、さらに歯の根にまで炎症が及ぶと猛烈な痛みが出ます。このレベルになると歯を抜かなければなりません。