お口の健康を保つための情報サイト

あなたのお口は大丈夫?虫歯を段階別に紹介!

自分の歯を守るヒント

歯垢をしっかり取り除きましょう

歯ブラシは毛先が硬いものは歯茎を傷つけやすく、柔らかいと汚れの清掃効果が落ちるので普通タイプで、ブラシの頭はコンパクトなものが口の奥まで届きやすいです。
デンタルフロスや歯間ブラシなども併用すると有効です。
磨き残しがないように、ブラッシングは端から端まで一筆書きの要領で行ないましょう。磨く順番を決めることで、歯を飛ばさずに磨くことを意識することが大切です。
手首を返しながら磨く部分、糸切り歯なども意識しましょう。
前歯の裏の歯垢が付きやすい人は、歯ブラシを縦に入れて磨いてみましょう。
肘を上に上げることで歯の裏側もしっかり磨けます。また、鉛筆のような小さい歯ブラシを使うとさらに丁寧に磨くことが出来ます。

正しい歯磨き、意識していますか?

自分の歯並びに合った掃除の方法ができていない方も多いので主治医や歯科衛生士に確認して、指導してもらいましょう。間違った歯磨きでかえって歯を傷つける方も多いのです。力を入れ過ぎの方も多いですので、実際に歯科医で、力の入れ加減等も指導していただきながら、感覚を身につけることも必要となります。
歯磨きのクセが磨き残しにつながります。磨き残しから細菌が増殖し、虫歯や歯周病の原因となります。そのままにしていると口臭もひどくなりますので、毎日のお口のケアが大切です。
社会人になるとつい忙しさから歯磨きをあっさりとすませがちですが、仕事で初対面の人と出会う機会も多くなりますから、口臭等を気にして臆することなく、積極的に自分をアピールするためにも、毎日の丁寧な歯磨きをこころがけたいものです。